マイナンバー制度「データ削除の方法」


給与計算ソフトなどの情報システムを利用してマイナンバーを取り扱っているケースで、マイナンバーや特定個人情報ファイルを削除する方法に関しては、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)に関するQ&A」のQ15-2が参考になります。

回答によると、「特定個人情報ファイル中のマイナンバーを削除する場合」における「容易に復元できない手段」とは、「データ復元用の専用ソフトウェア、プログラム、装置等を用いなければ復元できない場合」が該当します。つまり、情報システム内の通常のデータ削除の方法でOKということです。

情報システム内のデータを削除する場合に専用のデータ削除ソフトウェアの利用が要求されているわけではありません。専用のデータ削除ソフトウェアの利用はパソコンなどの機器を廃棄する場合に利用することが想定されています。


(参考資料)
・ 特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)
・ 特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)Q&A


取扱規程などのテンプレート資料を無償提供しています。