税務調査手続「調査とは」


平成25年1月、税務調査の手続きを定めた国税通則法の規定が施行され、税務調査手続に関する運用上の取扱いが法令上明確にされました。

そこで今回は、納税者があらかじめ知っておいたほうが良い知識として、税務調査手続きの流れ、国税当局の権限、納税者の権利に関してまとめてみました。

参考資料:税務調査手続に関するFAQ(一般納税者向け)

1.調査とは

  • 「調査」とは、納税者の税金の基礎となる所得や税金そのものを認定する目的で国税職員が行う一連の行為のことをいいます。

  • また、国税職員が納税者の事務所等に臨場して質問検査などを行う「実地の調査」を指すことが一般的です。

  • 調査は「質問検査権」を法的根拠として実施されるため、「検査忌避」には罰則規定があります。(1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

2.税務調査手続の明確化

  • 平成25年1月、税務調査手続に関する運用上の取扱いが法令上明確にされました。

  • この措置は、税務調査手続の透明性や納税者の予見可能性を高めることで、税務調査に対する納税者の協力を促すことを目的としています。

3.税務調査手続の流れ(イメージ)

a