マイナンバー制度「預金口座との紐付け」


政府は、銀行口座とマイナンバーとを紐付ける試みを2018年(平成30年)から始めます。銀行口座とマイナンバーを紐付ければ架空口座を把握することができるため、脱税や特殊詐欺対策に有効だからです。

平成30年になって銀行からマイナンバーの提供を依頼されると思いますが、そういうことだと理解して心の準備をしておきましょう。

ただし、義務ではなく任意なので、マイナンバーを提供するかどうかは預金者の意思に委ねられています。また、2021年(平成33年)からの義務付けが検討されています。 


取扱規程などのテンプレート資料を無償提供しています。