マイナンバー制度「委託先に対する必要かつ適切な監督」


マイナンバー法が事業者に要求している安全管理措置のうち、委託先に対する必要かつ適切な監督に関するマニュアル文例を提示しています。

 個人番号関係事務を委託する場合、当社は委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。

1.委託先の適切な選定

委託先の設備、技術水準、従業者に対する監督・教育の状況等を把握するため、下記の資料を徴求し、必要に応じて聞き取り調査を行います。

 ・ 基本方針
 ・ 取扱規程
 ・ その他資料

2.安全管理措置に関する委託契約の締結

取扱規程第25条に規定する事項を盛り込んだ委託契約を締結します。

3.特定個人情報の取扱状況の把握

当社に関する特定個人情報の取扱状況を記録した資料を定期的に徴求し、特定個人情報の取扱状況の把握に努めます。


(参考資料)
・ 特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)
・ 特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)Q&A


取扱規程などのテンプレート資料を無償提供しています。