業務案内


記帳代行

1.【MFクラウド】を使った記帳代行

【MFクラウド】に【Googleドライブ】を併用した【今までで一番楽な記帳代行】です。面倒な経理から解放されて本業に集中したい事業者向けのサービスです。月次決算を実施しますので毎月の業績をリアルタイムに把握できます。

2.弥生会計を使った記帳代行

現金出納帳、預金通帳のコピー、領収書等をもとに会計帳簿を作成する従来型の記帳代行です。パソコンを利用しない事業者向けのサービスです。

給与計算

1.給与計算

基本給、各種手当、勤怠情報、社会保険料の情報などを顧問先から受け取り、毎月の源泉徴収税額を計算するサービスです。【MFクラウド給与】は社会保険料の料率変更が自動なので安心です。各種の勤怠管理サービスとも連携しています。

2、年末調整

1年間の給与計算の情報、扶養の情報、生命保険料等の情報をもとに所得税の年税額を計算し、源泉徴収税額との差額を精算する手続きです。給与計算の依頼を受けている場合は手続きがスムーズです。

3.法定調書合計表・給与支払報告書の作成

年末調整の結果を受けて税務署及び市区町村へ提出する書類を作成するサービスです。

税務申告

1. 税務代理

顧問先のために税務申告・申請などを代理・代行し、税務調査がある場合は顧問先のために主張・陳述を代理・代行するサービスです。

2. 税務書類の作成

顧問先のために税務署に対する申告書類等を作成するサービスです。

3. 税務相談

顧問先の個別具体的な納税義務の履行について、課税対象となる金額の計算に関する相談に応じるサービスです。

4.税目等

 1. 所得税
 2. 法人税
 3. 消費税
 4. 相続税
 5. 贈与税
 6. 税務調査対応

経営指導

1、財務データを使った経営指導

月次試算表・月次推移表・年次推移表を分析し、独自に作成したExcel資料を交えながら、財務内容や経営成績に関して顧問先に助言するサービスです。

まずは、月次試算表における貸借対照表と損益計算書の見方を指導します。資産・負債・資本の各項目の相互関係、月商・粗利益率・営業利益率による業績判断など、顧問先は自分の事業を数字や比率で理解するための基礎を学ぶことができます。

次に、様々な財務データを分析して事業の強み・弱みを数値化します。それをもとに売上高や利益率など大まかな目標となる数字・指標を設定します。顧問先は明確な目的意識をもって事業活動を行うことができるようになります。

そして、最新の財務データをもとに顧問先の先月の活動状況をモニタリングします。顧問先は自分の活動状況を自分でチェックすることができます。モチベーションの維持や事業改善に役立ちます。

また、現在生じている財務的なリスク要因が将来どのような形で現実となりうるか、顧問先に注意・改善を促すこともあります。例えば、長期滞留在庫は資金ショートの一因であり、実態バランスでは資本控除項目のため債務超過と判断されれば借入に支障を来すこともあるので、早い段階で処理すべき、などです。顧問先は自分の気づかない潜在的なリスクをいち早く察知し、リスク回避の具体策を知ることができます。

2.経営全般に係る相談

経営者は事業の成長につれて様々な課題に対応しなければなりません。社員の採用や組織の法人化などが一例です。また、社会情勢の変化による課題も発生します。マイナンバー対応が一例です。

そういった事業運営の過程で生じる労務・税務・財務・法務などの課題に関して顧問先にアドバイスを行い、場合によっては一緒になって解決します。

税理士には守秘義務があります。口の堅い相談相手がいる安心感は税理士関与のメリットの一つです。

経営計画支援

1.信用格付

信用格付モデルを利用して財務内容の健全性を測定し11段階で評価します。取引銀行における自社の信用格付の目安を知ることができます。また、財務戦略の根本的な意思決定に役立てることができます。

2.財務指標分析

自社の財務内容の強み・弱みを把握することができます。財務戦略の意思決定に役立つだけでなく、財務戦略を実現するための目標設定に役立ちます。

3.財務戦略の策定

信用格付・財務指標分析で把握した財務状況に基づき、財務戦略の方向性を定めます。自社が財務改善すべき局面にあるのか、現状維持でよいのか、成長投資をすべきかなどの意思決定をすることができます。

4.中期経営計画の策定

財務戦略に基づき、今後3年間の具体的な財務計画を策定します。目標とする損益計算書・貸借対照表を明確にし、予実管理することで目標達成の確率を高めます。

5.資金繰り表の作成

目先の資金繰り表だけでなく、経営計画に基づいた今後1年間の資金繰り表の作成を支援します。適切な資金管理は安定した資金調達に役立ちます。

6.銀行対応支援

銀行の融資姿勢は金融行政に影響を受けて変化します。その融資姿勢の変化を踏まえながら銀行への対応方法をアドバイスし、また、銀行と友好関係を築くための支援を行います。