3か月以上延滞債権


3か月以上延滞債権とは、元金または利息の支払が約定支払日の翌日を起算日として3か月以上延滞している貸出債権をいいます。3か月以上延滞債権は要管理債権であるため、3か月以上延滞債権に該当する債務者は要注意先(要管理債権)以下に債務者区分され、資金調達が極めて困難な状況となります。3か月以上延滞債権に対する救済策はありません。

借入金の返済見通しが立たない場合は、延滞する前に銀行に相談すべきです。延滞してから銀行に支援を要請しても、より厳しい対応が待っているだけです。選択の余地はありません。延滞する前に銀行に支援を要請すれば、貸出条件の変更など柔軟な対応をしてくれるはずです。また、貸出条件緩和債権に該当させない要件も整備されています。貸出条件緩和債権に該当しなければ、要注意先(正常債権)に債務者区分される可能性が高くなります。要注意先(正常債権)に債務者区分されれば、正常な運転資金を調達することも、不動産担保を拠り所として資金調達することもできます。事業を継続させる道が開けるのです。