財務戦略の考え方「銀行融資の仕組み⑧」


銀行は、中小企業の経営者と経営者が関わる全ての企業(グループ企業)は一体のものと見なしています。グループ企業とは経営者が実質的に支配している企業のことです。

この銀行の目線を理解しておくことは重要です。なぜなら、財務内容に問題を抱える企業がグループ内にある場合、他のグループ企業が融資を受けられないことがあるからです。銀行は問題を抱える企業に転貸されることを警戒しています。逆に、ある企業が財務内容に問題を抱えていてもグループ企業全体の信用格付が高ければ銀行融資を受けられることがあります。他のグループ企業からの支援が期待できるからです。

企業単体の信用格付だけでなく、グループ企業全体の信用格付にも留意することが銀行融資を受ける上で必要だといえます。