ABL保証 流動資産担保融資保証


金融機関にとって信用保証協会保証付融資はリスクが少ないため、プロパー融資に比べて取組みやすい融資手法です。

ABLに関しても保証制度が存在し、広島県信用保証協会での概要は次の通りです。

  1. 中小企業者が対象
  2. 棚卸資産を担保とする場合は、法人限定
  3. 借入限度額 2億5千万円
  4. 担保 売掛債権 棚卸資産 電子記録債権
  5. 保証人 代表取締役のみ
  6. 棚卸資産の評価 簿価の30%

ABL保証は、今まで活用されていなかった「在庫」や「売掛金」を担保として活用する保証であるため、中小企業の資金調達力を高める有効な方法です。ABLを検討している企業にとって、まずはABL保証付きの融資を検討することが現実的だといえます。