全ての企業が回避できる

貸出条件緩和債権に関してまず知っておかなければならないことがあります。それは、一定の計画を立てられれば全ての企業が回避できるという事実です。

その計画が「実現可能性の高い抜本的な経営再建計画」です。銀行は債務者企業に対する債権を貸出条件緩和債権と認定されたくありません。この点で企業と銀行の利害は一致しています。企業側が要件を充たす計画を立ててくれれば金融支援はやぶさかではありません。

実現可能性の高い抜本的な経営再建計画を立てることが、貸出条件緩和債権の判定を回避する唯一の確実な方法です。

あとは経営者の決断次第です。