小さなビジネスをナッジする

私にはミッションがある。

小さなビジネスをナッジする___私のミッションはこの一言に尽きる。

ナッジ(nudge)は、ノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラーによって提唱された言葉である。人々が重要な意思決定をするとき、その自由な選択を阻害しないように配慮しながら、より良い選択に導くデフォルト(標準)の選択肢を示すことを意味している。より良い選択に導くという価値観が含まれているのが重要な点だ。

さて、私のミッションは「小さなビジネスをナッジする___」と紹介した。あなたのビジネスが重要な意思決定をするとき、より良い選択に導くデフォルトの選択肢を示す、ということだ。

ただし、あなたのビジネスなので利益も損失も全てあなたが引き受けるほかない。だから、あなたの経営判断は最大限尊重されるべきだと私は考えている。つまり、結論を押しつけることはしない。

あなたが小さなビジネスを経営していると仮定しよう。

あなたはその道で十分な経験を積み、自信を持って日々の仕事を切り盛りしているはずだ。仕事に関して独自の見識を持ち、少々の難題は苦も無くこなしているだろう。しかし、あなたの知識やスキルは、自分のビジネス関連に偏っているのではないかと推測する。節税や経営を勉強する時間も気力も残されていないのではないか、と思うのである。

もしあなたが、インターネットや経営者仲間を情報源として節税や経営の判断基準としているならそれは非常に危険だ。

インターネットの情報が眉唾なのはご承知の通りだ。また、税法は納税者の個別具体的な事情を基にその適用の可否を判断するため、経営者仲間やインターネットで是認された事例があなたのビジネスで否認されることは普通にある。

さらに、税務以外の銀行融資や事業計画などの経営スキルに関して、あなたのビジネス固有の事情を勘案せずにうまくいくことはまれだ。その他のビジネスの成功事例がそのままあなたのビジネスに当てはまるとは限らないからだ。

なので、もしあなたがインターネットや経営者仲間を情報源として節税や経営の判断基準としているなら、あなたの意思決定は、経済合理性ある意思決定ではないかもしれない。

経済合理性とは「論理的に判断して経済的な利益が得られること」を指すが、節税や経営に関して経済合理性ある意思決定なしにビジネスを成長させることができるだろうか?それどころか、ビジネスを継続させることができるだろうか?

あなたのビジネスには助けが必要ではないだろうか?

だから、私はあなたのビジネスをナッジしたいと考えている。

前述のセイラーは、「ナッジを提供する人が専門知識を持っており、ナッジを受ける人の選好を簡単に推測できるとき」有用なナッジを提供できる可能性が高いと説明している。

あなたは自分のビジネスに関して次にように考えているのではないだろうか?

・自分のビジネスを成長させたい
・自分のビジネスを継続させたい
・豊かになりたい。
・税金は少ないほうがいい
・顧客、従業員、家族から感謝されたい
・ビジネスの成功者と言われたい

もし、概ね正解ならあなたの選好は簡単に推測されたことになる。つまり、私はあなたに有用なナッジを提供できる可能性が高い。

だから安心してナッジされてほしい。

さて、私のミッションについてはご理解いただけたと思う。次に、私が対象としているビジネスとはどういうものか説明したい。

私が対象としているビジネスは、小さなビジネスである。

小さなビジネスとは、あなたに全てを依存しているビジネスのことだ。あなたがビジネスの全ての過程に責任ある立場で関わっている状態で、あなたなしには立ち行かないビジネスのことだ。売上高の大小、従業員の多寡は問わない。

対義語となる「大きなビジネス」の定義を述べればより明確になるかもしれない。「大きなビジネス」とは、あなただけでなく複数の幹部社員にも依存しているビジネスをいう。担当役員、事業部長、支店長、営業所長の類がいて、あなたなしでも会社が回るビジネスのことだ。

では、なぜ小さなビジネスか?と思われるだろう。

小さなビジネスの夢は一つだからである。あなたをナッジすればビジネス全体をナッジできるので、より成功に導きやすい。様々なビジネスを疑似体験できるのが税理士の醍醐味だと私は考えているが、ダイレクトに達成感を味わえるのが小さなビジネスだ。あなたの成功が私のやりがいだといえばご理解いただけるだろうか。

最後に、ナッジを提供するタイミングに言及してこの稿を締めたい。

助言は「招かれざる客」と言われるように、あなたに興味がなかったり、時期を失しているときは役に立たないばかりか、迷惑なことだと理解している。

だから私は「必要なタイミング」が来るまで待っている。その手段として記帳代行があると考えている。記帳代行をし始めて2~3年経つとあなたのビジネスの状況やその変化がある程度理解できるようになるからだ。

私が何も提案しないからといってあなたのビジネスに無関心というわけではない。むしろ強い関心を持って時期を伺っている。ただ単に今は必要ないと判断しているだけなのだ。とはいえ、あなたから要望を伝えることも重要である。要望があれば私としても提案しやすいのだ。

本稿のまとめ

小さなビジネスをナッジする___それが私のミッションである。

もし、あなたのビジネスが小さなビジネスなら、必要なタイミングで経済合理性ある意思決定に導き、あなたの成功の一助となりたい。

それが税理士の醍醐味と考えている。

ただし、利益も損失も全てあなたが引き受けるほかないのだから、決して結論を押しつけることなく、あなたの最終的な経営判断は尊重する。

 

さて、私のミッションを紹介したのは、職業人としての価値観をあらかじめ伝えることがあなたの判断に資すると考えたからである。もし、あなたが共感できるなら、私の基本方針・個別方針に目を通してみてはいかがだろうか?