経営者保証ガイドライン
経営者保証に関するガイドラインの意義

このガイドラインの意義は以下の通りです。個人保証制度が合理的な制度になる経営者がリスクを取りやすくなる経営者が早期に廃業しやすくなる今までの融資慣行では、主に不動産担保と経営者保証が融資の拠り所でした。預金者保護・株主代 […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
保証債務を整理する時の留意点

1、申立て時期により、残存資産の取扱いが異なります主たる債務(中小企業の債務)の整理手続の終結後に保証債務の整理を開始した場合、残存資産の範囲は自由財産の範囲に限られます。保証債務の整理申立てが主たる債務の整理申立てと同 […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
残存する保証債務の取扱い

以下の全ての要件を充足する場合には、債権者である金融機関は、保証人から保証債務の一部履行後に残存する保証債務の免除要請について、誠実に対応することとされています。保証人は、全ての債権者に対して、保証人の資力に関する情報を […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
保証債務を整理する時の残存資産

債権者である金融機関は、保証債務の履行に当たり、保証人の手元に残すことのできる残存資産の範囲について、以下のような点を総合的に勘案して決定します。保証人の保証履行能力や保証債務の従前の履行状況主たる債務が不履行に至った経 […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
保証債務を整理する時の経営責任の在り方

このガイドラインに基づく保証債務の整理は、原則として「準則型私的整理手続」が利用されます。準則型私的整理手続とは、中小企業再生支援協議会による再生支援スキーム、事業再生ADR、私的整理ガイドライン、特定調停等をいいます。 […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
前経営者の個人保証の解除

事業承継時に、前経営者が個人保証の解除を求める場合は、実質的な経営権・支配権を有していないことを示すために、以下に掲げるような対応が求められます。代表者から退くこと法人から報酬等を受け取らないこと支配株主に留まらないこと […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
経営者保証を求める場合の対応

債権者である金融機関が、主たる債務者である中小企業の経営者に対して、経営者保証を求めることがやむを得ないと判断した場合等は、以下の対応に努めることとされています。1、丁寧かつ具体的な説明をする経営者保証を求めない可能性の […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
経営者保証を求めない可能性の検討

債権者である金融機関は、主たる債務者である中小企業において以下のような要件が将来に亘って充足すると見込まれるときは、経営状況、資金使途、回収可能性を総合的に判断する中で、経営者保証を求めない可能性を検討するよう要請されて […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
経営者保証を求めない可能性がある経営状況の要件

債権者である金融機関が、主たる債務者である中小企業の経営者に個人保証を求めない可能性がある経営状況の要件は次の通りです。① 法人と経営者との明確な分離法人の事業用資産(本社・工場・営業車等)が経営者個人の所有となっている […]

続きを読む
経営者保証ガイドライン
経営者保証に関するガイドラインの適用対象

1、対象個人事業主中小企業・小規模事業者中小企業基本法に定められた中小企業・小規模事業者の範囲を超える企業2、対象となる債権者金融機関等信用保証協会債権回収会社(サービサー)公的金融機関等 3、対象となる金融債権銀行取引 […]

続きを読む